2011年度受講の様子

2011年度プログラムはこちらをご覧ください

2011年4月23日に開講しました「アレルギーの学び舎」春の講座が終了しました。
各回共に、保護者・学校・保育園・幼稚園関係者がたくさん参加され、食物アレルギーの基礎知識から実践までを学んでいただけました。 参加された方の声をお届けします。

「基礎研修」

2011年度受講の様子「基礎研修」
  • アトピー性皮膚炎に対して勘違いしていたことが多かったです。
    スキンケアをあまり重要視していなかったのですが、大切さがよくわかりました。(母親)
  • 食物アレルギーの仕組みについて、大変わかりやすく専門的な用語もかみくだいた言葉で説明してくださり、理解しやすかったです。
    食物アレルギーとアトピー性皮膚炎とは別に考える必要があること大変勉強になりました。(小学校関係者)
  • 質疑応答では、アレルギーの子を持つ保護者の方 の大変さや不安な気持ち、困りなどに触れることができ、保護者の方とよく話すということの大切さを感じました。(小学校関係者)

「応用研修 施策」

2011年度受講の様子
  • 給食のことなど、どうやって先生や周りの方と話し合っていけばいいのか、整理して考えていかなければならない事がいっぱいだと改めて思いました。(母親)
  • エピペンのことは全く知りませんでした。来年小学校に入学するのですが、学校に対してどうしていったらよいかとてもよくわかりました。(母親)
  • エピペンを携帯している児童はいませんが、実際に実物を見ることができて勉強になりました。
    もっとしっかり管理していかないといけないと反省しました。(小学校養護教諭)
  • 保護者の思いと学校側の思いが、うまく通じるようなコーディネートの役割を学校全体で考えていく必要性を強く感じました。(小学校養護教諭)
  • 学校現場で働きたいと勉強中です。学校現場での対応について分かりやすくお話しいただき大変勉強になりました。(20代・学生)

「応用研修 治療」

2011年度受講の様子
  • アレルギーについてまだまだ未知の世界なので、内容が難しかったです。
    具体例をお話頂き、興味深くお話を聞くことができました。(母親)
  • 前回も参加させていただき、免疫療法を始めるきっかけとなり、現在治療中です。
    今回もわかりやすい講義でよい勉強ができたと思っています。(母親)
  • 検査について具体的な説明がありとてもわかりやすかったです。
    また、現段階での疑問点や今後の展望も説明いただき解りやすかった。(母親)